STEP1 Windowsメールを起動

 1  Windowsメールを起動します。

STEP2 インターネットアカウント設定画面の表示

 1  『 ツール(T) 』から『 アカウント(A)… 』をクリックします。
 2  『 追加(A)… 』をクリックします。

STEP3 インターネットアカウント設定

 1  「 アカウントの種類の選択 」画面で『 電子メールアカウント 』をクリックし、 『 次へ(N) 』をクリックします。
 2  「 名前 」画面の『 表示名(D) 』に、このアカウントを識別するお好きな名前を入力し、 『 次へ(N) 』をクリックします。
 3  「 インターネット電子メールアドレス 」画面の『 電子メールアドレス(E) 』に、 『 メールアドレス 』を入力し、
『 次へ(N) 』をクリックします。
 4  「 電子メールサーバのセットアップ 」画面で、以下の項目を入力し、 『 次へ(N) 』をクリックします。
受信メール サーバの種類名(S) POP3
受信メール(POP3 または IMAP)サーバ(I) 初期ドメイン または @以後のドメイン
送信メール サーバ(SMTP)(O) 初期ドメイン または @以後のドメイン
送信サーバは認証が必要(V) チェックあり(V)
 5  「 インターネット メールログオン 」画面で、以下の項目を入力し、 『 次へ(N) 』をクリックします。
ユーザ名(A) メールアドレス
※設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
パスワード(P) メールパスワード
※メールアドレス(アカウント)を作成した際に 設定したパスワードを入力します。
 6  メールアドレスの基本的な設定が終了しました。 『 完了 』をクリックします。

STEP4 詳細設定

 1  『 ツール(T) 』から『 アカウント(A)… 』をクリックします。
 2  [STEP 3]で作成したメールアカウントを選択し、『 プロパティ(P) 』をクリックします。
 3  『 サーバー 』タブをクリックし、『 このサーバは認証が必要(V) 」に チェックが入っているかどうかを確認します。
 4  『 詳細設定 』タブをクリックし、『 送信メール(SMTP)(O) 』を『 587 』に変更し、『 OK 』をクリックします。
ご利用プロバイダが、「 Outbound Port25 Blocking 」に対応していない場合は、
送信サーバ情報のポートは 『 25 』のままで送信が可能です。

STEP5 送受信のテスト

 1  新しくメールを作成し、作成したメールアカウント宛にメールの送受信を行います。

 2  エラーが発生しなければ送受信のテストは完了です。
totop