メールアドレスと各種パスワードに設定可能な文字列

このページでは、「メールアドレスで設定可能な文字列」と「各種パスワードに設定可能な文字列」についてご案内しています。

メールアドレス(ユーザ名)で設定可能な文字列

■「半角英数字」「記号」を使用し、32文字以内で設定が可能です。
■アルファベットの大文字と小文字は区別されません。
■メールアドレスの先頭には「記号」を使用できません。
■使用可能な「記号」は以下のとおりです。
記号
. (ドット)
– (ハイフン)
_ (アンダースコア)

利用可能な文字列

■8文字以上32文字以内 で設定可能です。
■英文字 ( 大文字、小文字 )、数字、記号の内、2種類以上の複合で作成が必要です。
■アルファベットの大文字と小文字は区別されます。

利用可能な文字列の一覧表

■8文字以上32文字以内 で設定可能です。
■英文字 ( 大文字、小文字 )、数字、記号の内、2種類以上の複合で作成が必要です。
■アルファベットの大文字と小文字は区別されます。
英文字
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
※ 大文字、小文字は区別されます
数字 0123456789
記号 !  [感嘆符] "  [ダブルクォート] #  [番号記号] $  [ドル記号] %  [パーセント] &  [アンパサンド] ‘  [アポストロフィ] (  [左小かっこ] )  [右小かっこ] *  [アステリスク] +  [正符号] ,  [コンマ、セディユ] –  [ハイフン、負記号] .  [ピリオド] /  [斜線] :  [コロン] ;  [セミコロン] <  [不等号(より小)] =  [等号] >  [不等号(より大)] ?  [疑問符] @  [単価記号] [  [左大かっこ] \  [円記号] ]  [右大かっこ] ^  [アクサンシルコンフレックス]  _  [アンダーライン] `  [アクサングラーブ] {  [左中かっこ] |  [縦線] }  [右中かっこ] ~  [チルダ]

設定できないパスワードの例

PassWord (英文字のみ)
066265 (数字のみ、文字数不足)

パスワードをより強固にするためには、以下のような方法を推奨

◇英文字(大文字、小文字)、数字、記号の内、2種類以上の複合でパスワードを作成する。
◇長い文字列のパスワード(最低でも8文字以上)を作成する。
◇第三者に推測されにくい文字列を使う。(名前、企業名、生年月日など容易に推測される単語を利用しない。)
◇単語や意味のある文字列を利用しない。
totop