同一メールアカウントの追加(コントロールパネルからアカウントの追加)
サーバーの移行時などで、同一のメールアカウントを新たに追加したい場合、 Outlook 2016仕様上から、同一のメールアカウントの登録は「アカウントの追加」から行えません。
Outlook2016画面からではなくコントロールパネル画面から以下のどちらかの方法で、 同一メールアドレスで新旧サーバーなどのアカウント追加対応が可能です。



・コントロールパネルからアカウント追加利用
対応後には、現在ご利用のOutlook2016画面にて、追加アカウントごとに受信トレイが作成されることとなります。

STEP1 ご利用PC内のコントロールパネルの起動

※Outlook2016起動時は事前に終了させてください。
※Windows10での事例
画面左下の「スタート」ボタンからスタートメニュー内の「Windowsシステムツール」ブロック内の「コントロールパネル」を選択します。

STEP2 「Mail (Microsoft Outlook 2016)」選択

「ユーザーアカウント」選択し、「Mail (Microsoft Outlook 2016)」を選択します。

STEP3 アカウントの追加設定

「電子メールアカウント」ボタンを押し「メール」タブの「新規」ボタンを押します。

STEP4 アカウントの追加詳細設定

「電子メールアカウント」ボタンより「アカウント設定」画面が表示されますので、「メール」タブの「新規」ボタンを押します。
手動でのアカウント設定のため、画面下の「自分で電子メールや その他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、
「次へ」ボタンを押します。
アカウントタイプは「POPまたはIMAP」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
アカウントの各種項目を入力し、右下の「詳細設定」ボタンを押します。
名前(Y) 任意の文字列
※メール送受信する際に表示されます。
電子メールアドレス(E) メールアドレス
※設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
アカウントの種類(A) POP3 あるいは IMAP
受信メール サーバ(I) 初期ドメイン または @以後のドメイン
送信メール サーバ(SMTP)(O) 初期ドメイン または @以後のドメイン
アカウント名(U) メールアドレス
※設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
パスワード(P) メールパスワード
※メールアドレス(アカウント)を作成した際に 設定したパスワードを入力します。
「詳細設定」ボタンから「全般」タブ、「送信サーバー」タブ、 「詳細設定」タブで各種項目を設定し、最後に「OK」ボタンを選択します。
全般タブ
送信サーバー タブ
『 送信サーバー 』タブを選択し、SMTP認証を有効にするため 『 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O) 』にチェックし、
『受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)』を選択する。
詳細設定 タブ
『 詳細設定 』タブを選択し、『 受信サーバー(POP3)(I): 』に『 110 』と入力、『 送信サーバー(SMTP)(O): 』に『 587 』と入力し、
『 OK 』をクリックします。
最後に「次へ」ボタンを押し、メール送受信画面で共に完了になることを確認します。

STEP5 完了

アカウント設定画面に戻りアカウントが追加されますので、「閉じる」ボタンを押します。
totop